乳酸菌・ビフィズス菌の効果効能

乳酸菌やビフィズス菌について詳細に解説

画像
画像

乳酸菌と食品

乳酸菌を摂取する方法はサプリメントだけではありません。
その他にも様々な方法で身体に取り込むことができます。
そのもっともポピュラーかつ手軽な方法は食品から摂ること。

そもそも乳酸菌は古くから食品を発酵させることで使用されてきた細菌です。
主な食品としてはヨーグルトやピクルスなどの漬物が挙げられます。
これらの特長からも推測できるとおり、乳酸菌は食べ物に酸味を加えたり、味や香りを変化させることができます。

これは乳酸によって、食品が酸性の性質を持つことと関係しているのだとか。
さらに、食中毒の原因となる菌の繁殖を抑えるので、腐敗から食べ物を守り、長期保存ができるようになります。 さらに、乳酸菌の影響によって発酵前よりもビタミンCが増えるのも特徴。

・ヨーグルト
ヨーグルトは乳酸菌で発酵した代表的な食べ物。
バルカン半島や地中海沿岸などでは、古くから貴重で重要な食材となっていたのだとか。
バルカン半島に長寿者が多いのは、乳酸菌をヨーグルトから日常的に摂取していることが要因として考えられると報告する研究もあります。
この報告によって欧米諸国でもヨーグルトが積極的に食べられるようになったのだとか。
日本では実はヨーグルトという表記ではなく、発酵乳という記載がされています。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類は特に決まっていませんが、一般的にはブルガリア菌やビフィズス菌が使われます。 この他にはアシドフィラス菌やサーモフィラス菌が使用されます。

・味噌
日本人の食生活には必要不可欠と言っても過言ではない味噌。
大豆が原材料であるということは広く知られているかと思いますが、実はこの味噌も乳酸菌で発酵させた食材です。 もちろん味噌は塩分が高いので、これだけで乳酸菌を十分に摂取するのは不可能でしょう。 だからこそ、サプリメントなどの健康食品を有効活用する必要があるのです。

・キムチ
キムチも乳酸菌を使用して作られた発酵食品です。
韓国では漬物の総称であり、独特の辛みが特徴的な食物ですね。

・チーズ
牛乳やクリームなどを原料にして、凝乳酵素(レンネット)の働きや乳酸菌などによって製造されるものをナチュラルチーズと言います。
乳酸菌の他にもアオカビを使った製造されるものもあります。
これに加工を施したものはプロセスチーズと呼ばれます。

食べ物で乳酸菌を十分な量摂取することは殆ど不可能と言っても過言ではありません。
それだけ偏った食生活にしてしまうと、逆に生活習慣病の心配も出てきてしまうでしょう。
理想的な食生活に加えて、サプリメントや健康食品を活用して、乳酸菌を効率的に摂取するのがおすすめです。

Copyright© 2010 NYUSANKIN power All Rights Reserved.