乳酸菌・ビフィズス菌の効果効能

乳酸菌やビフィズス菌について詳細に解説

画像
画像

乳酸菌で花粉対策

今や日本人の国民的な病気とも言われている花粉症。
そんな花粉症を薬ではなく、健康食品で予防する方法が注目されています。
その方法として挙げられるのが「乳酸菌」です。

乳酸菌は私たちの身体、特に腸の部分で活躍する最近で人体に対して有効な働きをしてくれることから、人気を集めています。
乳酸菌は花粉症対策以外にも便秘解消や下痢の緩和効果で知られています。
この成分を上手に使ってつらい症状を抑えましょう。

では、まず花粉症という症状について考えてみましょう。
花粉症は、身体の免疫のバランスが崩れることによって引き起こされてしまうアレルギー症状のひとつ。 体が特定の物質に対して過剰に反応してしまうと、この症状が引き起こされます。

花粉症にかかってしまった人の腸内細菌を調べると、健康な人よりも善玉菌の数が少なくなっているということがわかっています。
つまり、花粉症を予防したければ、腸内環境を整えることを意識すれば良いということ。
これによってつらい鼻水や目の痒みを予防出来る確率が上がります。

また、この他にも乳酸菌にはアレルギーを予防する働きがあると考えられています。
これらの働きを上手に活かしたいですね。

花粉症をはじめとするアレルギー症状は多くの場合、生活習慣でも症状が緩和されたり、悪化したりすると言われています。
例えば、睡眠時間が短くなってしまうと症状は悪くなりますし、しっかりと睡眠がとれている場合は症状も緩和されます。
まだ発症していない段階でも意識的に正常な睡眠時間を心がけると良いでしょう。
さらに言うのであれば、睡眠をとる時間帯も意識したいですね。

昼夜逆転した状態で睡眠時間をたっぷりとっても自律神経が乱れてしまうので、アレルギーの改善にはつながりません。
理想的だと言われているのは、大体夜の10時から深夜2時は寝ている状態であるということ。
最低でも睡眠時間は7時間くらいは確保する生活を送りましょう。
これを意識したうえで、ヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリメントなどで乳酸菌を摂れると良いですね。

また、睡眠以外の生活習慣にも注意が必要です。
食事や運動などにも気を遣いたいですね。
食事では塩分の多い食事や脂っこい食べ物を避けるようにしましょう。
カロリーを意識しながら、野菜を中心に献立を考えることができれば理想的です。
また、運動に関しては短時間でOKなので、毎日続けることを考えましょう。
体の巡りが良くなり、花粉症予防に間接的ではあるものの、貢献してくれます。

Copyright© 2010 NYUSANKIN power All Rights Reserved.