乳酸菌・ビフィズス菌の効果効能

乳酸菌やビフィズス菌について詳細に解説

画像
画像

色々ある乳酸菌

乳酸菌といえばお腹の中から健康を整えてくれるイメージがあります。

乳酸菌はとても種類が多く、200種類以上もあると言われています。
腸内環境を整えてくれたり、コレステロール値を低下させてくれたりする人間にとって良い乳酸菌は、しばしば「善玉菌」と呼ばれることもありますね。
善玉菌として代表的な乳酸菌にも種類があり、「ビフィズス菌」「ラブレ菌」「フェリカス菌」などがあります。

「ビフィズス菌」は、正確にはヘテロ乳酸菌の仲間として分類されます。
このビフィズス菌は、何とヒトの腸内に存在する善玉菌の9割以上を占めています。
糖類を分解し、乳酸・酢酸・ビタミンB群・葉酸を作ることが出来る非常に優秀な善玉菌です。 腸内環境を整える効果はもちろん、免疫力を高めたり、お通じの改善にも働きかけてくれます。

「ラブレ菌」も最近CMで耳にすることの多くなった善玉菌です。
その正式名称は「ラクチバチルス ブレビス サブスピーシス コアギュランス」・・・。

京野菜の「すぐき」のお漬物から発見された菌で、話題になったのを覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
このラブレ菌、とても生命力が強く酸に強いので、胃酸に負けずにお腹の中まで生きたまま届いてくれるという特徴を持っています。

ラブレ菌は元々体内に存在する菌ではないので体外から摂取するしか取り入れる方法が無いのですが、生命力が強いので継続的に摂取することで乳酸菌を作り出し、悪玉菌が増えるのを抑制する力強い味方となってくれます。

体内の善玉菌を増やす方法には2種類あり、外から乳酸菌を摂取することで増やす「プロバイオティクス」という方法と、オリゴ糖などを摂取して増やす「プレバイオティクス」という方法があります。 実はラブレ菌にはこの両方の働きがあるとして大変注目されているのです。

体内の善玉菌を効率的に増やすことが出来るので、免疫力向上や腸内環境の正常化にはもってこいの乳酸菌です。 「フェリカス菌」は、他の乳酸菌よりも小さく丸い形をした乳酸菌です。
ビフィズス菌などの乳酸菌は、生きたまま腸に届くことが重要視されますが、フェリカス菌はちょっと変わっていて、死んだ状態で摂取してもしっかりと働いてくれる珍しい乳酸菌です。
死んだ状態(死菌)で摂取すると、他の乳酸菌がエサとして食べて善玉菌を増殖させ、免疫力向上やアレルギーを軽くしたりなど、幅広く活躍してくれます。

もともと人間の腸内に多く存在している乳酸菌ですが、近年の食の欧米化や運動不足、ストレスなどの生活習慣の乱れによって、善玉菌が減ったり働きが弱まってしまう人が増えています。

善玉菌が減って悪玉菌が活発化すると、健康状態のみならず美容状態まで悪くなってしまいます。 乳酸菌はヨーグルトやチーズなどで補給できますが、生きたまま届けることが大切なので注意が必要です。

より効率的に善玉菌を増やせるサプリメントなどを活用して健康・美容の向上を心掛けましょう。

Copyright© 2010 NYUSANKIN power All Rights Reserved.