乳酸菌・ビフィズス菌の効果効能

乳酸菌やビフィズス菌について詳細に解説

画像
画像

ヨーグルトを食べるだけじゃダメ?

お腹に良い!というイメージが強いヨーグルト。
確かにヨーグルトをはじめとするチーズなどの乳製品には乳酸菌が含まれているので、健康や美容のために食べている人も多いですよね。

乳製品を食べて乳酸菌を腸の中に補充して、どんどん働いてもらおう!
とイメージしている方が多いと思いますが、実は普通のヨーグルトやチーズを食べても腸内にそのまま乳酸菌が届くわけではないんです。

ビフィズス菌をはじめとする乳酸菌は酸に弱いものが多いんです。
人が口から摂取して腸内にたどり着く前に、乳酸菌にとって最大の難関があります。
それが「胃酸」。
ほとんどの乳酸菌は、胃で死んでしまいます。(死菌となります。)

乳酸菌の中には京野菜の漬物「すぐき漬け」に含まれることで有名になった「ラブレ菌」のように、強い生命力を持ち酸に負けずに腸まで生きたまま届く菌もありますが、これは元々体内に存在する菌ではないので、食べ物から摂取する場合は根気よく続けた方が良いみたいです。

さらに、食べ物から摂取するビフィズス菌は腸内にもともと存在している「常在細菌」と少し異なるため、そのまま定着してくれるわけではありません。

腸内の善玉菌の9割以上を占めているビフィズス菌は口から摂取しても途中で死んでしまう、、、 届いても定着はしてくれない、、、

では乳製品を食べることは無駄なのかというと、そうではありません。

ヨーグルトやチーズには、「乳糖」という乳製品の糖分があります。
この乳糖は、実はビフィズス菌など善玉菌の大好物!
ビフィズス菌たちが栄養を得ることで、善玉菌が活性化し悪玉菌を抑制することが出来ます。

現代人は野菜も十分に食べなくなり、肉食の割合が多くなっています。
日々の多忙さなど様々な理由で運動不足の方も増えています。
また、精神的な負担や電磁波の影響などでストレスも増えています。

今、健康面で不安を抱えている人が非常に増えています。
健康状態に重大な影響を与えるお腹の調子を整えることは、健康維持にとても有効です。

便秘の改善や免疫力の向上、生活習慣病の予防、アレルギーの改善、コレステロール値の低下など、様々な効果が期待できる乳酸菌。
さらに、腸内環境が悪化すると肌荒れや体型の崩れ(脂肪の溜めこみ)にも大きく影響しますので、乳酸菌は美容にも効果大。

ヨーグルトなどから日々摂取しても良いのですが、実感するにはかなり時間と根気が必要になってきます。 また、カロリーも気になるところです。

より効率よく早く実感したい場合は、美容や健康への働きを考えて作られたサプリメントなどで摂取するのがおすすめです。 身体に良い乳酸菌が種類も豊富に配合されていて、しっかりと腸まで届くように作られているサプリが多く販売されているので自分に合いそうなものを選んで試してみると良いでしょう。

Copyright© 2010 NYUSANKIN power All Rights Reserved.