乳酸菌・ビフィズス菌の効果効能

乳酸菌やビフィズス菌について詳細に解説

画像
画像

ビフィズス菌について

ビフィズス菌は人間の腸に住んでいる乳酸菌の代表的な一種です。

腸内の環境を整えて、便秘や下痢を解消してくれるほか、免疫力を向上させたりする働きも期待されます。 さらにビタミン類を生成する働きもあり、ビタミンB群やビタミンKなどを合成することで美容にも働きかけてくれます。

美容にも健康にも有効な総合力の高い成分と言えるでしょう。

そもそも乳酸菌とは、糖を分解することで乳酸をつくる菌の総称です。
ビフィズス菌も糖を分解して乳酸をつくることができます。
しかし、実は乳酸よりも酢酸の方が作り出される割合が多いと言われています。
その為、正確には乳酸菌には分類されないという特徴もあります。
もちろん基本的には善玉菌として働いてくれるので乳酸菌として扱うことになります。

詳細にビフィズス菌を分析すると、これはビフィドバクテリウム目ビフィドバクテリウム科ビフィドバクテリウム属の菌の総称。 これはちょっと難しい情報なので覚える必要はありません。

総称というだけあり、ビフィズス菌のなかにも種類があり、合計で約30種類程度の菌が存在すると考えられています。

人間だけでなく、動物にもビフィズス菌は腸内に常在していますが、住む種類がちょっと違うとも言われており、動物の腸内に住むビフィズス菌は人間の腸には定着しないと考えるのが一般的です。ちなみに、人間の腸には10種類程度のビフィズス菌がいると言われています。

しかも、この種類には個人差があります。
もちろん個人差があったとしても、そこまで大きな論点ではありませんが、人間の命の神秘を感じさせます。

人間の腸の中にはビフィズス菌だけでなく、約100種類にも及ぶ腸内最近が住み着いています。

このなかには、私たちの健康に害をなす「悪玉菌」というものもありますし、乳酸菌のような「善玉菌」もあります。 いずれにも属さず、状況によっては人間の味方にも敵にもなる「日和見菌」とも言われる存在もあります。

体調次第で善玉菌と悪玉菌の縄張りは変化していくと言われており、ストレスや運動不足をはじめとする生活習慣の悪化で悪玉菌が増殖しやすい環境になるとバランスが崩れ、お腹の調子が悪くなったり、便秘や下痢を引き起こすと言われています。

こういった状況にならない為にも、日ごろから生活習慣を見直したり、ストレスの解消を心がける必要があるのです。
また、善玉菌は増やそうと思ってもなかなか上手く行かないこともしばしば。

そんなときはサプリメントやヨーグルト、乳酸菌飲料を上手に活用しましょう。
もちろんアイテム選びは慎重に行いましょう。
アイテム選びについてはこちらで解説しています。

Copyright© 2010 NYUSANKIN power All Rights Reserved.