乳酸菌・ビフィズス菌の効果効能

乳酸菌やビフィズス菌について詳細に解説

画像
画像

乳酸菌と便秘

乳酸菌の効果のなかでも、特に期待度が高いのが腸内環境を整えるということ。
やっかいな便秘や下痢などを根本から改善してくれるのが最大のメリットです。

そもそも、便秘や下痢などの症状が出ている場合は基本的に腸内環境のバランスが崩れているとき。 大腸菌などの悪玉菌がストレスや運動不足などによって急増し、お腹の中にガスを溜めてしまっているのです。
これが結果的に下痢・便秘を引き起こします。

基本的に腸内では悪玉菌と善玉菌が常に陣取り合戦をしています。
善玉菌というのは、ずばり乳酸菌などを指していますが、残念なことに、これらの善玉菌は悪玉菌よりも増やしづらく減りやすいという特徴があります。
それに対して悪玉菌は先述したようにストレスや運動不足によって簡単に増えてしまいます。
だからこそ、常に善玉菌を増やす取り組みが欠かせないのです。

便秘や下痢を改善したいのは単純に身体のケア・正常化という要因にとどまりません。
例えば、便秘は肌荒れの原因になると言われています。
ニキビが増えやすくなり、肌も荒れてクスミが目立つようになってしまうのです。
つまり、美容にも悪影響を及ぼしてしまうことになります。
いわゆる体の巡りが悪くなってしまっている状態だからです。
だからこそ、乳酸菌を上手に使って便秘を解消したいところ。
これが出来れば、肌の不調も一気に解決できるはずです。
間接的ではあるものの、乳酸菌を摂取することによって美容にもいい影響がある訳ですね。

ちなみに、便秘を解消するにあたって意識したいのは乳酸菌の摂取だけではありません。
この他にもプラスαすることで、さらに効率的に便秘を解消できるポイントがあります。
それが生活習慣を改善すること。
食生活を見直すことで便秘の症状はかなり緩和されます。

腸のぜん動運動を促すと言われている食物繊維を多めに摂取したり、運動を定期的にこなすなどの工夫も取り入れてみましょう。
食物繊維は野菜から簡単に摂ることができますし、それが苦手なら果物などを食べるという方法でもOKです。
運動はストレッチや筋力トレーニングでもOKですし、ランニングやウォーキングといった有酸素運動が特に効果的でしょう。
また、睡眠不足も実は大きな要因だと考えられています。
毎日決まった時間にしっかりと睡眠をとることを意識すると良いでしょう。
シンデレラタイムと呼ばれている夜10時から深夜2時までの時間帯は美容面を意識するのであれば、特に寝ておきたい時間帯です。

これらの取り組みと乳酸菌を組み合わせて、便秘と下痢をしっかり改善しましょう。

Copyright© 2010 NYUSANKIN power All Rights Reserved.