乳酸菌・ビフィズス菌の効果効能

乳酸菌やビフィズス菌について詳細に解説

画像
画像

乳酸菌と人間の身体

乳酸菌はヨーグルトやキムチに含有されているものという認識が一般的ですが、実際には元から人間の身体に常在している細菌です。

乳酸菌にいくつかの種類があるということは「乳酸菌とは?」でも説明していますが、このなかでも特にラクトバシラス属とビフィドバクテリウム属という分類の種類は人間の身体と密接な関係を持っています。
たとえば、これらの二つは人間の消化管や女性の膣内に存在するということで知られています。

細菌というとなんとなく悪いイメージがありますが、もちろん乳酸菌は病気の原因になることはありません。 むしろ、病原菌などから体を守る免疫としての役割を果たしてくれます。
そんな働きから、乳酸菌は善玉菌と表現されることが多いのです。

特に腸内における乳酸菌の働きは非常に重要だと考えられています。
大腸菌などの悪玉菌に抵抗する手段であり、乳酸菌をはじめとする善玉菌の割合が腸内で減ってしまうと便秘や下痢の原因になってしまうのです。

だからこそ、腸内の乳酸菌をしっかりと増やすことが重要だと言われています。
健康食品やヨーグルト、サプリメントなどを活用して、しっかりと腸内環境を整えましょう。

また、乳酸菌は腸以外にも口の中にも存在しています。
そもそも人の口の中は様々な細菌が常在していると言われています。

・ラクトバシラス属
腸内に存在する乳酸菌の種類のひとつです。
別名、ラクトバチルスと呼ばれることもあります。
ヨーグルトを作る為に古くから活用されていたという歴史があり、もっとも身近な乳酸菌と言っても過言ではありません。
人だけではなく、動物の消化管の中にも存在しているという特徴もあります。
ワインの発酵にも関係のある菌です。

・ビフィドバクテリウム属
一般的にはビフィズス菌と呼ばれているものがコレ。
ヨーグルトなどの生成に使用される場合もあります。
乳幼児の間に消化管内で最も数が多い消化管常在菌としても知らています。
ちなみに、人間は赤ちゃんのときに母乳から乳酸菌を摂取して、腸内に常在させると言われているんですよ。 結果的に赤ちゃんのときに粉ミルクなどの人工栄養で育った人よりも母乳で育った方が健康体だと言われています。

このように人間の身体は乳酸菌と密接な関係を持っています。
だからこそ、乳酸菌についての知識をしっかりと身に着けて、サプリメントやヨーグルトを選ぶ必要があるのです。 もちろん乳酸菌飲料も役に立てたいですね。
「悪玉菌と善玉菌」などの項も読みながら、自分にあった健康食品を探してください。

Copyright© 2010 NYUSANKIN power All Rights Reserved.