乳酸菌・ビフィズス菌の効果効能

乳酸菌やビフィズス菌について詳細に解説

画像
画像

悪玉菌と善玉菌

乳酸菌を上手に活用することで、便秘の解消やコレステロールの抑制など、様々な効果が期待できますが、こういった効能の実感には、乳酸菌の特長や善玉・悪玉菌の存在についての知識を知っておく必要があります。

もちろん、複雑なところまで知る必要はなく、簡単なイメージがあるだけで十分。
ここでは、そんな基本のイメージを解説します。

そもそも「細菌」というと私たち人間の敵、有害な存在と捉えられがち。
しかし、実際にはそんなことはなく、乳酸菌のような身体に有効な働きをしてくれる細菌もいます。 善玉菌とは、そういった体に有効な働きをもたらしてくれる細胞を指しています。
悪玉菌は対照的に、体に悪影響を及ぼすもの。
字面を見れば、なんとなくイメージは湧くと思いますが、念の為に記載しておきます。

腸内に存在する悪玉菌として挙げられるのは、大腸菌やブドウ球菌など。
これに対して腸内に存在する善玉菌の代表例は乳酸菌。
乳酸菌というと、なんとなくヨーグルトや飲み物をイメージする人もいるかも知れません。
食べ物や健康食品によって身体の中に取り組むものと考える人が多いでしょう。

しかし、乳酸菌は実際は腸内に存在する善玉菌です。
こういった体内に存在する菌は数えきることができないほど多数存在し、その種類は100種類をゆうに超えると言われています。
大量の腸内細胞が食べ物や老廃物を発酵させて繁殖しているのです。
これらの細胞は常に絶妙なバランスをとりながら、腸内の環境を支えています。
いわば、善玉菌と悪玉菌が綱引きをしているような状況です。

もちろん、このバランスが崩れることもあります。
例えば、ストレスなどが過剰にかかってしまった場合は悪玉菌が増えやすい状態になります。
結果として、腸内にガスが溜まりやすい環境になり、下痢や便秘などの不調を引き起こすことになります。 また、生活習慣病につながる可能性も高くなります。

悪玉菌はストレスや食生活の乱れ、その他にも睡眠不足や運動不足などによって簡単に増えてしまうという傾向があります。 それに対して、善玉菌は増やしにくいという特徴があります。

それでも、日々の生活をイキイキとしたものにして、健康に過ごす為には、腸内の善玉菌を常に多い状態に保たなければいけません。

難しい課題ではありますが、近年流行しているサプリメントやヨーグルトなどを上手に活用すれば、効率的に取り組むことができるでしょう。

調子が良くない、もっと健康になりたい、お腹の調子が悪いという人は乳酸菌を上手に活用してください。

Copyright© 2010 NYUSANKIN power All Rights Reserved.